大自然を満喫できた北海道旅行

20年くらい前になりますが、夫婦二人で夏に1週間ほど北海道を旅行したことがあります。大阪在住でしたが、往復は飛行機で、北海道内ではレンタカーを借りて観光しました。小樽、旭川、旭岳で登山をし、宗谷岬、サロベツ湿原などを回りました。7月半ばでしたが、空気が乾燥しているせいか蒸し暑さは全くなく、快適な気候でした。天候も旅行期間中はほぼ晴天でしたし、ドライブもハイキングもスムーズにこなせました。一応ツアーなのですが、他のツアー客と団体行動ではなく単体の旅行で、往復航空券とホテルの宿泊、食事二回分くらいのクーポンがついていたと思います。宿泊地が決まっていましたから、コースもあらかじめ決めていましたが、チェックインの時間までにホテルに入れば良いので、日中は自由気ままに観光することが出来てよかったです。北海道は広い大地ですから、国道もどこまでも直線です。軽快にドライブしていると、ふと犬のような動物が道路わきにいるので、車を停めてみました。近づいてよく見てみるとキタキツネでした。まだ子供のようで小さめでしたが、人間を怖がることもなくじっとこちらを見つめています。おとなしくて、じっとしているので何枚も写真を撮りました。カメラ目線でいい表情をしてくれました。おそらく何か餌をくれると思って、待機していたのかもしれませんが、特に何もあげるものも持っていなかったので、写真だけ摂らせてもらってキツネさんとはお別れしました。キツネを生で見たのはその時が初めてで、おそらく最初で最後だと思います。野生のキツネに至近距離で対面できて感動しました。キタキツネは警戒心がないようですが、サルみたいに凶暴でもなく、奈良公園の鹿みたいに餌を強欲に要求するわけでもなく、つつましく人間がなにか施してくれるのを待っている、そんな感じです。いじらしい動物なんだな、と思いました。また、北海道に行って、雄大な自然の中をドライブして、そしてまた、キタキツネに会いたい、という気持ちはあります。なかなか行く機会がありませんが、停年後にでものんびり旅してみたい、と考えています。