大自然を満喫できた北海道旅行

20年くらい前になりますが、夫婦二人で夏に1週間ほど北海道を旅行したことがあります。大阪在住でしたが、往復は飛行機で、北海道内ではレンタカーを借りて観光しました。小樽、旭川、旭岳で登山をし、宗谷岬、サロベツ湿原などを回りました。7月半ばでしたが、空気が乾燥しているせいか蒸し暑さは全くなく、快適な気候でした。天候も旅行期間中はほぼ晴天でしたし、ドライブもハイキングもスムーズにこなせました。一応ツアーなのですが、他のツアー客と団体行動ではなく単体の旅行で、往復航空券とホテルの宿泊、食事二回分くらいのクーポンがついていたと思います。宿泊地が決まっていましたから、コースもあらかじめ決めていましたが、チェックインの時間までにホテルに入れば良いので、日中は自由気ままに観光することが出来てよかったです。北海道は広い大地ですから、国道もどこまでも直線です。軽快にドライブしていると、ふと犬のような動物が道路わきにいるので、車を停めてみました。近づいてよく見てみるとキタキツネでした。まだ子供のようで小さめでしたが、人間を怖がることもなくじっとこちらを見つめています。おとなしくて、じっとしているので何枚も写真を撮りました。カメラ目線でいい表情をしてくれました。おそらく何か餌をくれると思って、待機していたのかもしれませんが、特に何もあげるものも持っていなかったので、写真だけ摂らせてもらってキツネさんとはお別れしました。キツネを生で見たのはその時が初めてで、おそらく最初で最後だと思います。野生のキツネに至近距離で対面できて感動しました。キタキツネは警戒心がないようですが、サルみたいに凶暴でもなく、奈良公園の鹿みたいに餌を強欲に要求するわけでもなく、つつましく人間がなにか施してくれるのを待っている、そんな感じです。いじらしい動物なんだな、と思いました。また、北海道に行って、雄大な自然の中をドライブして、そしてまた、キタキツネに会いたい、という気持ちはあります。なかなか行く機会がありませんが、停年後にでものんびり旅してみたい、と考えています。

北海道旅行

5年前に新婚旅行で旦那さんと北海道に行きました。
札幌です。札幌には姉がいたので姉に札幌観光をお願いしてました。
新婚旅行なので海外も考えましたが私は好き嫌いが激しく外国のご飯が合わないので国内で美味しいものを食べるために北海道にしました。
9月ごろに行きましたがやはり北海道は東京に比べて涼しくてびっくりしました。
北海道で美味しいものを食べたいと姉に相談するとまさかの回転寿司に連れていかれました。
想像してたのは海の近くの新鮮な魚介だったのでまさかの回転寿司でびっくりしました。
騙されたと思って回転寿司で食べてと言われ食べてとびっくりしました。
ネタは大きいしやすいしおいしすぎて。
東京の回転寿司では食べたことない味でした。
聞くと北海道の人は回転寿司で十分だと言ってました。
北海道の回転寿司は東京の高級寿司屋に匹敵すると言っていました。
そしていくらをよそってくれるというのでやりましたがいくらがご飯の上からこぼれるくらい入れてくれて本当にびっくりしました。
美味しいものを食べるならやはり北海道だと思います。
北海道を1週間満喫しすぎて国外旅行よりも高くつきましたが、食事は美味しいし気候は快適で大満足でした。

古都京都へ行った

日本の歴史ある街といえば京都。
近年外国人観光客も増え、京都に観光に行くとあらゆる世界の言葉が飛び交っている。それくらい世界で注目されている街。国の指定重要文化財や日本の伝統文化財など小さな土地にいくつも凝縮されているので、観光にうってつけ。歴史も学べ日本文化を知ることも出来る。
京都は四季により見せる顔は様々だ。
春の京都といえば桜。なかでも私がお気に入りなのは、
清水寺。清水寺では桜の風景が2つ楽しめる。1つ目は清水の舞台から眺める桜は京都の歴史ある街並みととても合う。これぞ、良き日本だと感動すら覚える。2つ目は桜並木からみあげる清水寺だ。桃色の桜に隠れ控えめに見える清水の舞台がなんともおもむきがある。

夏の京都といえば、周囲の山で火をもやし文字を作る大文字焼や、祇園祭など様々なイベントが行われる。
盆地京都では夏場はとても蒸し暑く食べ歩きもおすすめのひとつだ。夏限定スイーツがたくさん販売されているので涼みながら食まで楽しむことができる。

秋の今日とといえば、数年前JRのCMで話題になった、東福寺。今では入場するのに1時間待ちと大人気だが、人生で一度は木々が色々な色に変わる幻想的な東福寺との融合を見に行って頂きたい。

冬の京都といえば、お寺が雪化粧される日本ならではの名物。夜には各お寺、神社でライトアップされ、ロマンちっくな光景を楽しめます。

是非京都へおいでやす。

兵庫県神戸周辺にいった思い出

テレビを見ていて神戸の事をやっていたのをみて家族で行こうという話になり、夏休みに神戸に旅行に行きました。
まずは神戸の北野あたりにいきました。全体的にファッショナブルな街でした。いろいろな異人館などにもあり、入ってみました。明治時代の外国の家の感じが恰好良かったです。また途中で滅茶苦茶高い鉄板焼きの店で肉を食べました。A5ランク?というような肉で柔らかくておいしかったです。次にアンパンマンミュージアムに行きました。値段の割には規模が大きくなくてやはり低年齢むけなんだなあと思いました。まあ、普通に子どもはよろこんでいたので悪くはなかったと思います。またアンパンマンのヒーローショーみたいなのもあって子どもは熱心にみていました。次に元町の南京街に行きました。いろいろな中華料理があってよいにおいがしていました。食べ歩きをしたりしてましたが、最終的に食べ放題のバイキング形式の中華料理屋に入って、たらふく食べました。それぞれがの料理がしっかりとおいしくてさすが南京街と思いました。良かったです。
そこからJRの高架下をぶらぶらと歩きました。雑然とした店やシャッターが閉まっている場所があったり、汚い雰囲気もあったりしましたが、逆にそれが面白くてみて回りました。なんだこれはというような人形が売っていたり、古いギターが売っていたりと特に買うわけではありませんでしたが、面白かったです。

今日の晩ごはん

近くのデパートでやっていた北海道フェアに行ってきました。
年に何度か開催される北海道フェア、行くだけでものすごく楽しかったです。個人的に夢の国(笑)北海道の食べ物って本当に素晴らしいです。
少しお高いですがカニとウニの弁当と、コロッケ屋さんで3種のコロッケとじゃがいももちを買いました。これだけ買うのにも合わせて1時間以上並び、行列が長すぎて列を切って離れた場所にまた行列つくったりするほどでした。まあ休日だから仕方ないですね。しかし待った甲斐がありました。
あの美味しさはただものじゃないです!大好物のウニがそこらへんのウニと違ってとても新鮮で美味しくて食べた瞬間絶叫しました(笑)本当はまだまだ食べたいものありましたが、並ぶの嫌になって帰ってしまいました。ステーキ弁当とか鶏の丸焼きみたいなのとかものすごーーく気になってましたがさすがに疲れて…。
最近本当に甘いものの存在が眼中に入らないくらいにおかず系が大好きです!

保育士の恋愛における不思議な点

5ad6855e47ede7d8c727351983bfb752_s

私は一年前、保育士として勤務していました。が、保育士の恋人いない率の高いこと高いこと。未だに不思議でなりませんが、何故か処女率も高かったです。私が思うに普段子供と関わっていることにより母性が満たされてしまい、男性を必要としなくなるのかな?と思います。子供は元気いっぱいでいつでもニコニコ、ハグしてきたりスキンシップで愛情を示してきたりします。すると、なんだかもう人から愛情を注がれることによって人肌恋しいなんてことは無くなってしまいました。私もそのうちの一人だったのかもしれません。そのあと、調理師として小学校給食を作る仕事に就いたのですが、そこはほぼ全員恋人がいて、既婚者もたくさんいました。この違いは一体なんなのだろう?ととても不思議に思いました。保育士の方はシャイな方が多いのでしょうか?でも、決して満足しているわけではなく恋人が欲しいな、とみんな口々に言っていました。婚活パーティーに行ったら絶対モテるだろうになーと思っていました。やっぱり出会いがないからなのでしょうか?保育士になるとオシャレとかも落ちついてくるので家庭臭が出てくるのでしょうか?若さが無くなって母親っぽくなるのも原因の一つかなと思いました。

※男性との新たな出会いがほしい保育士のあなたには、このサイト(http://2bo1.net/)がおすすめです。私が保育士時代、彼氏がいる同僚たちはみなこのサイトを参考にしていました。

もやっとをリフレッシュに

初夏のようないいお天気になると休日ならば室内整備の日、日常的な掃除はどこかしらを小まめにできているけれど、夏向きではない感じだったbe221d8baecdae87fba0dd46d01990bc_s
生地やラグのような織物、サイズの大きいインテリアは値段が高いので模様替えの対象外、引っ越しと同時に購入し、結構いいお値段でまずまずの質だからということもあります。
現在使用のカーテンやラグは生地の丈夫さの点でよい物でもあり、冬時期の気温でもよい厚みですから寒さ対策になります。
ですのでインテリア商品を新調せずに模様替えというならば、小物家具や収納棚の配置をリフレッシュの意味で並べ替えするくらい。
収納棚の並べ替えは女性としてはよいひと仕事、洗濯機が起動している内に気分一掃で開始してみれば30分ちょっと。
使いやすさと室内の全体的な雰囲気を考えながら、配置は大きく変化というよりオフシーズン家電などを隅っこに、それもざっと見てよいと感じる位置に。
収納ケースには溜まっていたほこり、夏になる時期のよい運動です。

お弁当のおかずのストック

今日はごはんを作るついでにお弁当のおかずのストックを大量に作りました。作ったものは切り干し大根の煮物、じゃがいものマスタードソース、にんじんとツナのしりしり、大根と鳥胸肉の含め煮です。
にんじんとツナのしりしりは初めて作ったのですが、甘さ控えめでとても美味しかったです。じゃがいもは皮ごと蒸したので食感が楽しく、マスタードのおかげでいもが甘く感じておいしかったです。大根と鳥胸肉の含め煮は、鳥胸肉の皮を外し、脂やすじをしっかり下処理したのでさっぱりしておいかったです。いつもは甘辛く煮るのですが、今回はだしを利かせた塩味にしたのでスープまで美味しく飲むことができました。今回の一番のヒットはこの含め煮で、リピート決定です。
全部少しずつ空気を抜いてラップに包み、ジップロックに入れて冷凍庫に保存しておいたので、毎日のお弁当に使っていこうと思います。バリエーションが増えて、つめるおかずを選ぶのがとても楽しみです。

ガーデニング始めました

旅行先で訪れた展望台付近の花壇が素敵でしたので自宅でもガーデニングをしたくなりました。以前使った土とコンテナがありましたので、花を探しに園芸店へ。色とりどりの花がありましたが、冬はパンジーが一番好きかなとしみじみ思います。そう言う事で、どのパンジーを選ぼうかな?ブランドものは高いけど病気に強いのと、プランター1杯に花が広がるのでこれにしようかなと思います。色も珍しい色が出てきましたが、定番の白、黄色、紫で行きましょうかね。色のセンス悪いと言わないでね。寄り道したいと言うお父さんを丸め込んで、急いで家に帰りプランターに植えました。うーん、まだ小さい株で土ばかり見えて寂しいです。水を撒いて、肥料も上に乗せました。声掛するとキレイな花が咲くと聞いたことがあるので試してみようかな?

高収入な人であれば尚良し!

素敵な人に出会いたいというのは恐らく誰もが考えていることでしょう。その人が高収入な人であればなお嬉しいですよね。しかしなにかしらの伝手がない限り、狙って高収入男性に出会えることはほとんどありません。例えば合コンに行って、期待していたような相手と出会えなくて少しがっかりした経験はないでしょうか。実は普通に暮らしていたら出会えないような高収入のそれも未婚の男性に誰でも出会えるチャンスがあるのをご存知でしょうか。それは将来の相手を探すためのパートナー探しのサイトです。今までですとパートナー探しのサイトは有料のものが多かったのですが、今回オススメするのは無料で理想のパートナーを探せるものです。それが可能なのはpairs(ペアーズ)というサイトを利用する方法です。pairsはフェイスブックと連動したサイトです。そのため新たにプロフィールを登録したり、写真を投稿したりする手間を最小限に抑えることができます。使い方も簡単です。プロフィールを見て気になる男性がいたとします。その場合、その人に”いいね”をします。それに対して相手が”いいね”を返してくれたらメッセージのやり取りをすることが可能となります。そして何より嬉しいのはこれら一連のやりとりを女性は無料でできるという点です。男性のプロフィールも結婚やお付き合いを考えたときに知りたい情報が一通り載っているので接触する相手を選びやすいです。例えば、子どもは何人ほしいか、年収はどれくらいか、子育ては誰がするか、趣味は何か、どれくらいで結婚したいかなどの情報があります。収入が高くても結婚したいタイミングが合わないとせっかく出会っても幸せな結婚には結びつかないですよね。その点、このサイトでしたら相手とメッセージのやり取りを始める前に相手のことを簡単にですが知ることができます。100%高収入の人と連絡を取り合えるかというと難しいですが、そういう人に出会い、アピールできるチャンスはあります。連絡を取り合えるようになったら幸せなでまず第一歩です。特に結婚となると慎重になる人も多いでしょう。もちろん男性の方も同様で真剣な人もたくさんいらっしゃいます。このサイトで出会える相手に制限はありませんので気になる方にアピールして、自分にぴったりの相手を見つけてみてはいかがでしょうか。もしかしたらその”いいね”があなたを幸せな交際や結婚に導いてくれるかもしれませんよ。